口臭予防に唾液量を増やし口内環境を整える習慣

口臭ケアのための商品として歯磨きやうがいをするタイプのものインターネット広告での口臭対策商品もありますが、一時の効果だけで継続するのか疑問です。

一度も口臭ケアとして商品の購入経験はありません。(歯磨きでの口臭予防がついている商品の利用はあります)
しかし口臭は意識しないと自分ではわからないものです。朝起きて口の中の雑菌が増えているときに口臭を自覚することができます。眠っている間に口内雑菌が増加してしまうため、朝は起きてすぐに一度水でうがいし雑菌を減少させることが良いようです。

通常の生活では口臭を自分自身で感じることは少ないと思います。

しかし、ストレスなどを感じた時に口臭が気になっていた時に、歯科医より顎の下から耳にかけての唾液腺をマッサージをする事で唾液量は簡単に増やすことができると説明されました。加齢やストレスで唾液量は減少します。

唾液量が増えることで口臭予防のほかに消化を助ける働きや口内環境を清潔にできるなどの効果があり、誰でも簡単にできるのでお試しするにはおすすめです。

ただ、歯槽膿漏や虫歯や内臓からくる口臭には効果があるかは不明ですのでそれ以外に原因がある人は、専門の医師に相談も大事だと思います。

通常たばこ愛用者は普段の口臭がどの程度なのかも分からずに生活しています。

タバコを吸うことによってさらに唾液量が減少してしまいます。たばことコーヒーの組み合わせで周囲は口臭を感じます。本人より周りの人が気を遣う状況になる。

臭いは目には見えない、かつ本人に伝えるのが難しいデリケートなものだからこそ本人の匂いに対する意識が大事なのだと思います。

まったく口臭のない人はいないと思います。

体調などによって口臭の度合いが異なってくるので、基本ストレスを貯めこまないことや歯科医の定期検査での口内や歯の状況を見てもらうのも十分効果があると思います。口内環境を整える意識をすることで口臭予防につながると思います。

ノッシュの口コミの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です