水前寺海苔から生まれた「サクラン」はヒアルロン酸の5倍の保湿力?

人の肌は常に空気にさらされていますが、乾燥に弱いため健康な肌を維持するためには適度な水分が求められます。
化粧品において保湿成分といえば「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」などが挙げられますが、
従来の保湿成分と同等以上の保湿効果が期待できる植物由来成分があります。

2006年、阿蘇の伏流水として湧き出る綺麗な湧水に生息する藻類「水前寺海苔(スイゼンジノリ)」から抽出された天然高分子多糖体で、
聖なる(Sacrum)というスイゼンジノリの学名「Aphanothece sacrum」から、「サクラン」(Sacran)と命名されました。
スイゼンジノリは、 熊本県熊本市水前寺の江津湖でオランダの植物学者スリンガーによって発見され、
清らかな水と緩やかな流れのある特別な水域でしか生息できないという珍しい藻類で、その発生地一帯は国指定の天然記念物とされています。
またスイゼンジノリは、江戸時代には幕府への献上品にされるなど、現在でも高級食材として珍重されています。

サクランは、保水力がヒアルロン酸よりおよそ5倍も高く、塩水で比較するとおよそ10倍高いことが確認されました。
肌は汗と一緒にミネラルなどを放出しているため、サクランを肌に塗った場合、ヒアルロン酸に比べ10倍ほどの保湿効果が期待されます。
サクランは多量の水を保持する性質を持っており、スプーン1杯で洗濯機1個分もの水を抱えこむ程の驚異的な保湿力が確認されました。
肌にバリアのような保湿膜を張り、花粉やPM2.5・黄砂などからお肌を守り、炎症を抑える抗炎症効果もあります。

力強い生命力をもつ「水前寺海苔(スイゼンジノリ)」を原料とするサクランは、肌表面に刺激物質の侵入を防ぐ保湿膜(バリケードの役割)を張り、
水分蒸発量を減らして乾燥を防いで肌をしっかり保護してくれます。
さらに、ベタつきが少ないという特徴もあるため、お肌につけた後もベタつかずサラッとした肌触りなのです。

サクランはヒアルロン酸のおよそ5倍という驚異的な保水力があるため、乾燥による悩み(シワ・キメなど)にも効果があり、
毎日のスキンケアで水分補給&うるおいを逃がさないという2つの効果を発揮します。

水前寺海苔の驚異の保湿力!「花想容(KASOYOU)」の効果を見てみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です