クレンジングをどう選ぶか

毎日化粧する女性が絶対にやらなければならないのがメイク落としのクレンジングですよね。
毎日行うクレンジングだから肌に優しいく自分に合ったクレンジング剤を選びたいですね。
クレンジングの役割といったら単純にメイクを落とすことになります。
クレンジングはメイク落としと言われるようにメイクを落とすことが役割ですよね。
もしメイクを落とさないで寝ちゃったなんてことをしたら肌にかなりの刺激を与えて、色素沈着などの肌のトラブルを起こしてしまいます。
クレンジングは、メイクをした日には行わなければならない肌の手入れです。
クレンジング剤には種類があり
クリームタイプ
ジェルタイプ
ミルクタイプ
拭き取りシートタイプ
ウォータータイプ
リキッドタイプ
オイルタイプ
などがあります。
それぞれ簡単に解説しますね。
・クリームタイプは油分と界面活性剤のバランスがよいものが多くて、比較的肌への負担が少ないタイプのクレンジングです。
・ジェルタイプはクリームタイプに近くて肌には優しいです。
ジェルタイプでも透明なものは界面活性剤が多く配合されていて肌への負担は大きめです。
・ミルクタイプは肌への負担は比較的少なくて、優しい洗浄力が特徴です。
水分が多いので滑らかなテクスチャーのものが多いです。
・拭き取りシートタイプは、簡単にメイクを拭き取るので海面活性剤を多く含んでいます。
拭き取るため肌への摩擦がおきるので刺激が強めでシミの原因になることがあります。
・ウォータータイプは、油分が少なくて海面活性剤の量は多めです。
コットンで拭き取るので肌への負担は強いですね。
・リキッドタイプは、油分が少なくて界面活性剤は多いので肌への刺激は強いです。
・オイルタイプは、メイクを落とす力は一番強いクレンジング剤です。
油分も海面活性剤も多く配合されているので肌への負担は強いです。
クレンジング剤にも何種類もありますが、紹介した中でオイルタイプ油分も界面活性剤も多く含まれているから肌に良くないですが、オイルタイプはメイクが濃い場合には有効なクレンジング剤なんですよ。
メイクが濃い時はオイルタイプを使って早くメイクを落とせば肌への負担は少なくなります。
メイクを落とす時には指でマッサージしながら落としますが、オイルタイプなら肌への摩擦を少なくしてくれるんですよ。
いろんなクレンジングがありますが、様々な用途にあわせて使うのがよさそうですね。
私が今使っているのはバームタイプで界面活性剤が配合されていないタイプのクレンジングなんですが、良くメイクが落ちるんですよ。
肌に優しいクレンジングをネットで探して出会ったクレンジングなんです。
私の使っているクレンジング良かったら試してみてください。
私の使っているクレンジング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です